気をつけていたのに。

イワン、、胃捻転になってしまいました。

夕食を食べるまで、何一つおかしいところは無かったのですが、
孫達の食事を用意しているとき、、ふと気になって2階へ。
ムシが知らせたのでしょうか。。

そこには、、血の気のひいたイワンが、苦しそうに立っていました。
名前を読んでも、はっきりとしません。吐きたそうにするけど、吐けない。
口を開けると、歯茎は真っ白で、
そのうち、へなへなと座り込み、苦しそうな息になってきました。


イワンのお腹は固く、、すぐ「胃捻転」その言葉が浮かびました。
家族に連絡を取り、かかりつけの病院に電話し、
体を固くして、いつもの何倍も重たく感じるイワンを必死に車に乗せ、
病院へ飛び込みました。
診断は、やはり、「胃捻転」

診察を待っていた方たちの順番もすっ飛ばして、、緊急手術になりました。
約2時間の手術でした。。
e0196135_2317661.jpg


発見が早かったこと。すぐ連れていけたこと。
院長先生がいてくださったこと。
手術の予定があり、機材の消毒がなされていたこと。

いくつもの幸運が重なり、、イワンの胃や脾臓は、摘出されなくて済みました。
再発防止のため、胃は固定されましたが、、命が助かるなら、、です。

「ラッキーだったんだ、、だから、イワンは帰ってくる!」
その気持ちだけで、、待っていました。

術後、イワンに謝った私に、、院長先生は、、
「これは、、気をつけていても起こるんです。誰が悪い、なんてものじゃないんです」と。
それでも私は、、なんでもう少し気をつけなかったのか、、と
後悔ばかりです。
e0196135_23305766.jpg

娘に名前を呼ばれ、、少し理解したイワンです。

もうすぐ13歳の誕生日なのに、、痛い思いしちゃったね。ごめんね。イワン。。

術後の不安もあり、、まだまだ安心とは言えません。。が、イワンは頑張っています。

皆さんのお力をまた少し、、イワンに貸してください。お願いいたします。。
[PR]

by iva-shio | 2012-12-07 23:38